トップページ > 談話会・セミナー等 > 談話会 (数理談話会・IMI Colloquium) > 発電事業者の需給運用業務における数理計画ソルバの活用

談話会 (数理談話会・IMI Colloquium)

発電事業者の需給運用業務における数理計画ソルバの活用 [IMI Colloquium]

開催期間
2017-07-12 16:45~2017-07-12 17:45
場所
九州大学 伊都キャンパス ウエスト1号館 4階 IMIオーディトリアム (W1-D-413)
受講対象
 
講師
吉田 琢史 (株式会社東芝)

7月 IMI Colloquium
 
日時:2017年7月12日(水)
         16:45-17:45
 
場所:九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所 ウエスト1号館 D棟 4階
         IMIオーディトリアム(W1-D-413)(円形階段教室)
 
講師:吉田 琢史 氏 (株式会社東芝)
 
講演タイトル: 発電事業者の需給運用業務における数理計画ソルバの活用

 講演要旨:
多数の火力発電機の最適な運転計画作成支援に向け,数理計画ソルバを活用したシステム開発事例について紹介する.経産省主導の電力システム改革の流れの中,発電事業者には高精度な発電計画を短時間で作成することが求められている.ただし実際に現場ニーズに合う精緻な計画を作成するためには,考慮すべき制約条件が非常に多様かつ複雑で,特に発電機の数が大規模な場合は計画作成が困難である.今回は,数理計画ソルバを用いて混合整数二次計画問題を繰り返し解くことによって,高精度な発電計画を短時間で作成する手法について紹介し,そのモデル化のポイントなど説明する.
 


7月 IMI Colloquium (2017/7/12開催)報告