数理談話会・IMI Colloquium | 九大数理学研究院

トップページ > 談話会・セミナー等 > 談話会 (数理談話会・IMI Colloquium) > Seiberg-Witten方程式とトポロジー

談話会 (数理談話会・IMI Colloquium)

Seiberg-Witten方程式とトポロジー [数理談話会]

開催期間
2018-05-24 16:30~2018-05-24 17:30
場所
九州大学 伊都キャンパス ウエスト1号館 4階 IMIオーディトリアム (W1-D-413)
受講対象
 
講師
笹平 裕史 (九州大学)

日時:2018年5月24日 (木)
         16:00~16:30 (ティータイム)
         16:30~17:30 (講演)
 

場所:情報学習プラザ,ウエスト1号館A棟8階 A-812 号室(ティータイム)
         IMIオーディトリアム W1-D-413 (講演)


講演者:笹平 裕史 (九州大学)
講演題目:Seiberg-Witten方程式とトポロジー

【概要】:
1982年に、ゲージ理論に由来するインスタントン方程式をDonaldsonが4次元トポロジーへ応用して以来, インスタントン方程式の3次元、4次元トポロジーへの様々な応用が発見されてきた. 1994年にはWittenがSeiberg-Witten方程式を導入してからは, Seiberg-Witten方程式がインスタントン方程式の代わりに用いられている. 談話会ではSeiberg-Witten方程式のトポロジーへの応用の幾つかを紹介する. 最近の話題にも触れる予定である.