トップページ > 入学志望の皆様 > 数学科を志望される皆様 > 甲斐田 沙織

先輩メッセージ

新入生の学生生活 理学部数学科2009年入学 甲斐田 沙織

数学科ってどのような勉強をするところか知っていますか?数学ばかりやっているイメージがあるかもしれませんが、外国語、力学、健康スポーツ科学、文系コア、理系コアなど様々な勉強をします。これらの講義は他学部の人も一緒なので、多くの人と仲良くなれます。

私は、週に4回数学の講義を受けています。「微分積分学」「線形代数」「基礎数学演習」「数学基礎(コアセミナー)」です。週に1回ある専門教育日は、講義を受けた後に少人数のクラスに分けられて演習をします。この時間は、解いた問題をみんなの前で発表をします。

大学の数学は、高校の時と違ってただ計算をするという問題はほとんどなく、論理的なものばかりです。だから、難しくて戸惑ったり、いまいち理解できないことがよくあります。しかし、そのような時は友達同士で教え合ったり、先輩や先生方にわかるまで教えてもらったりして、理解を深めています。また、先輩や先生方とのつながりも得ることができます。

今年から伊都キャンパスでの授業が始まりました。伊都キャンパスは、とてもきれいで、広く、設備が整っています。また、静かなので、勉強に集中できる環境も整っているとてもいいキャンパスです。

私は勉強だけでなく、部活動にも励んでいます。私は、ラクロス部に所属していて、週3回練習をしているので、勉強との両立はとても大変です。また、ラクロスは外競技なので暑さと紫外線とも戦っています。しかし、大学ならではの勉強やスポーツを楽しむことができ、毎日充実した生活を送っています。

私が大学で学んだことは、わからないところは粘って、考え、悩むことが大切だということです。また、小学生、中学生、高校生で学んできたものとは違う数学の面白さに気付きました。数学を極めたいと思った人は、環境の整った九大数学科で一緒に勉強しましょう。