トップページ > 入学志望の皆様 > 数学科を志望される皆様 > S.E.

先輩メッセージ

数学オタク!? 数学科 S.E.

“理学部の数学科”ってどんなイメージがありますか?

数学のこともっと知れて面白そう・理学部なのに数学科??・え?数学オタク!?etc…あると思います。

“数学科”と聞くと皆さん数学を思い浮かべますが、実は違うのです。論理学なのです。私も私の周りにいる人も論理学というと、妙に納得してくれます。もちろん論理学といっても、先生が自分の思想を論理的に語っているような授業ではありませんし、数学(と思われるもの)を全くやらないわけでもありません。じゃあ何なの?と思われるかもしれませんが、数学科では、(ほぼ)ひたすら証明をやっています。ここで、 何の証明? と聞いてはいけません。彼らは(私も含め)数学の証明をやっています。

「アキレス(ギリシャ神話に出てくる)がカメに追いつくことができない」のはなぜか? というものから、定積分

となることを証明しなさい。 というものまで、いろいろ証明しています。

数学好きな人ならわかるかもしれませんが、こういった学習は高校数学にはない面白さを秘めています。しかし、数学が好きなだけでは、数学を学んでいくことは少し難しいかもしれません。それは、数学が難しすぎて心が折れてしまう人が出てくるからです。(※一部の天才を除く。)最初は数学が好きで、得意だった人も途中から、無事卒業できるだろうか…となっていきます。(※一部の天才を除く。)

では、そうなってしまったときどうすればよいのでしょう。その答えの一つとしてサークルや部活に入ることが挙げられます。もちろん、数学を極めたいと思っている人はひたすら”数学”という”論理学”にのめり込むのも良いでしょう。でも、大抵の人にとって、それは困難な道だと思います。それにスポーツや勉強以外もやった方が、数学に対するモチベーションも上がると思います。サークルや部活のメリットとしては、ほかの学科の知り合いや友達が増えること、サークルや部活に打ち込むことで気分が解放されること、息抜きになることetc…があります。

そういうものをやって上手く気分転換をすることも良いと思います。大学の数学科で学んでいく数学は高校の数学が実は算数だったのでは?と思うくらい難しいと感じる問題が多々あります。そして、証明のあまりの長さに先ほど述べたように心が折れてしまうこともあると思います。だけど、大体の人は逃げ出さずにがんばっています。それはやはり数学が好きだから頑張れるんだと思います。数学科の数学は決して安易なものではないですが、数学が好きなら途中より道をすることもあるだろうけど(留年しない程度に)難しさもきつさも耐えていけると思います。粘り強く頑張って下さい。数学の世界へようこそ。。。