トップページ > セミナー一覧 > $E_6$線型スケインから構成される状態和不変量について

  • 九大での数学教育と研究
  • 数理学府長/研究院長メッセージ
  • 数理学府教員紹介
  • 特徴ある活動
  • 研究集会一覧
  • セミナー一覧
  • 社会連携・国際交流
  • 刊行物
  • 公募案内
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 関連リンク

一覧へ戻る

$E_6$線型スケインから構成される状態和不変量について

開催期間
2013-10-04 16:00~2013-10-04 17:00
場所
九州大学 伊都キャンパス 伊都図書館3F*中セミナー室1*(入口は数理棟3F)
受講対象
 
講師
岡崎 建太 (京都大学数理解析研究所/学振特別研究員DC2)

概要:
状態和不変量とは単体分割表示に基いて定義される3次元多様体の位相不変量である。TuraevとViroは状態和不変量を量子群の表現の$6j$記号を用いて定義した。Ocneanuはこの構成を、部分因子環の$6j$記号を用いたものに一般化した。

本講演では$E_6$型部分因子環から定まる状態和不変量を、ある平面グラフに関する線型スケインを導入することで再構成し、その不変性の初等的な証明を与える。また、この構成を用いて全てのレンズ空間の状態和不変量を計算する。