トップページ > 教員紹介 > 秋山 浩一郎

教員紹介

秋山 浩一郎 ( アキヤマ コウイチロウ ) / 客員教員

   私の所属する(株)東芝 研究開発センターでは情報セキュリティ技術全般の
研究開発を行っています。私の研究テーマは量子計算機でも解読できないよう
な強力な公開鍵暗号の構成です。現在広く利用されている RSA暗号は量子計算
機が出現すると容易に解読できることが知られており、それに備えて新しい公
開鍵暗号が求められています。
   このような暗号は耐量子公開鍵暗号と呼ばれ、最近ホットな研究分野です。
現在提案されている多くの耐量子公開鍵暗号は RSA暗号の千倍程度の鍵サイズ
が必要で、広く普及させるには大幅な改良が必要と考えられます。そこで、我
々の研究グループでは代数曲面の求セクション問題という量子計算機でも容易
には計算できないと考えられる問題の計算困難性に安全性の根拠をおく鍵サイ
ズの短い新しい公開鍵暗号(代数曲面暗号)を研究しています。

研究キーワード 公開鍵暗号、情報セキュリティ
所属部局:部門 マス・フォア・インダストリ研究所 : 客員部門
リンク