トップページ > 教員紹介 > 長友 康行

教員紹介

長友 康行 ( ナガトモ ヤスユキ ) / 客員教員

高次元多様体上のゲージ理論を研究しています。4次元多様体上のゲージ理論では、すでに非常に深遠な理論が構築されていますが、この成功も、実4次元が四元数1次元であることに由来しています。そこで主として四元数構造を許容する高次元多様体上で理論を展開しています。この理論はツイスター空間を経由することにより、代数的ベクトル束の理論とも密接な関係があり、またリー群の表現を利用したモジュライ空間の構成に成功したことから、最近ではそのモジュライ空間のトポロジーを研究しています。また、ツイスター的見地からの可積分系へのアプローチにも興味をもっています。

研究キーワード 微分幾何学、モジュライ空間の幾何学
所属部局:部門 数理学研究院 : 客員教員(明治大学)