トップページ > 教員紹介 > HOFFMANN, Tim

教員紹介

HOFFMANN, Tim ( ホフマン ティム ) / 客員教員

離散微分幾何学とその可積分系との関連や可視化への応用を研究しています。離散微分幾何学の主な主題は古典的な微分幾何学の離散類似を探ることです。よく知られた曲線や曲面のパラメーター表示の多くには、その背後に可積分構造が隠れており,この可積分構造は「よい」離散化を選ぶと保存されます。逆にこのような可積分構造を元にして,振る舞いが良く非常に安定した離散化を作ることができます。このような離散化は可視化における多くの応用を生み出しています。

研究キーワード 離散微分幾何学、数学的可視化、可積分幾何学
所属部局:部門 マス・フォア・インダストリ研究所 : 客員部門
リンク