トップページ > 談話会・セミナー等 > 談話会 (数理談話会・IMI Colloquium) > 細胞接着の数理モデルについて考える

談話会 (数理談話会・IMI Colloquium)

細胞接着の数理モデルについて考える [数理談話会]

開催期間
2014-05-15 16:00~2014-05-15 17:00
場所
九州大学 伊都キャンパス 数理学研究教育棟3階 大講義室1
受講対象
 
講師
村川 秀樹 (九州大学大学院数理学研究院)

日時:2014年 5月 15日 (木)
  15:30~16:00,数理棟 談話室 (ティータイム)
  16:00~17:00,図書館3階 大講義室1 (講演)
 

講演者:村川 秀樹 (九州大学大学院数理学研究院)

タイトル:細胞接着の数理モデルについて考える

概要:
多細胞生物のからだを構成する細胞は独立に存在するのではなく、細胞同士が接
着したり、細胞外基質に接着して存在している。細胞同士の接着は細胞接着また
は細胞間接着と呼ばれる。Armstrong、Painter、Sherratt (2006)は細胞集団の
挙動を理解するために、細胞接着を考慮した数理モデルを提案した。そのモデル
は多くの研究者の興味を引き、精力的に研究が進められているが、数値実験の結
果からはそのモデルが現象を記述しているとは言い難い。その数理モデルの問題
点を精査し、現象を記述する新たな数理モデルを提案する。