トップページ > 談話会・セミナー等 > 談話会 (数理談話会・IMI Colloquium) > ゲーム開発へのモデル検査の適用

談話会 (数理談話会・IMI Colloquium)

ゲーム開発へのモデル検査の適用 [IMI Colloquium]

開催期間
2019-04-17 16:45~2019-04-17 17:45
場所
九州大学 伊都キャンパス ウエスト1号館 4階 IMIオーディトリアム (W1-D-413)
受講対象
 
講師
長谷川 勇 (株式会社スクウェア・エニックス)

4月 臨時 IMI Colloquium
 
日時:2019年4月17日(水)
         16:45-17:45
 
場所:九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所 ウエスト1号館 D棟 4階
         IMIオーディトリアム(W1-D-413)(円形階段教室)
 
講師:長谷川 勇 氏 (株式会社スクウェア・エニックス)
 
講演タイトル : ゲーム開発へのモデル検査の適用

講演要旨:
近年のゲーム開発の大規模化に伴い,ゲームロジック開発や,それらの品質保証にかかる工数が増大し,ゲーム開発における問題の一つとなっている.また,ゲームロジックを記述するスクリプト言語として,visual scriptの採用が増えているが,これらは記述が容易だが,保守が困難であるといった課題もある.一方,ソフトウェア工学の分野においては,こうした状態遷移系の形式検証としてモデル検査が活発に研究されており,モデル検査の手法をvisual scriptに適用することで,開発時に上述の典型的なバグを検出でき,開発・品質保証工数を大きく削減できる可能性がある.
本講演では,visual scriptにモデル検査を適用することで,バグを検出する取り組みを紹介する.
 


4月 臨時 IMI Colloquium (2019/4/17開催)報告