トップページ > 談話会・セミナー等 > 談話会 (数理談話会・IMI Colloquium) > 数学とコンピュータグラフィックス:シェーダによる数学の可視化技法

談話会 (数理談話会・IMI Colloquium)

数学とコンピュータグラフィックス:シェーダによる数学の可視化技法 [IMI Colloquium]

開催期間
2020-01-08 16:45~2020-01-08 17:45
場所
九州大学 伊都キャンパス ウエスト1号館 4階 IMIオーディトリアム (W1-D-413)
受講対象
 
講師
巴山 竜来 (専修大学)

1月 IMI Colloquium
 
日時:2020年1月8日(水)
         16:45-17:45
 
場所:九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所 ウエスト1号館 D棟 4階
         IMIオーディトリアム(W1-D-413)(円形階段教室)
 
講師:巴山 竜来 准教授 (専修大学)
 
講演タイトル : 数学とコンピュータグラフィックス:シェーダによる数学の可視化技法

講演要旨:
コンピュータでの描画処理は,CPUで描画計算を行ってその処理命令をGPUに渡し,GPU上で実行することによってなされます.GPUは大量の並列計算を得意としますが,描画計算の一部をGPU上で行うことにより,複雑な図形を高速に描画することが可能です.GPU上で動くプログラムはシェーダと呼ばれており,シェーダでのCG生成技術には距離空間やベクトル解析,鏡映群などの数学が使われています.この講演ではシェーダプログラミングにおける数学の応用,またシェーダによる数学の可視化技法を紹介します.
 


1月 IMI Colloquium (2020/1/8開催)報告