トップページ > お知らせ > 鎌田 正良 名誉教授が令和2年度秋の殊勲で瑞宝中綬章を受賞



お知らせ

鎌田 正良 名誉教授が令和2年度秋の殊勲で瑞宝中綬章を受賞

鎌田 正良 名誉教授が令和2年度秋の殊勲で瑞宝中綬章を受賞しました。

鎌田正良名誉教授は,大阪市立大学大学院理学研究科修士課程を修了,大阪市立大学理学部助手,昭和46年4月同工学部講師に昇任,昭和47年7月九州大学教養部助教授を経て昭和61年9月に同大学教養部教授に昇任,平成6年6月同大学大学院数理学研究科教授に配置換,平成12年4月同大学院数理学研究院教授に配置換,空間構造講座を担当し,平成17年3月31日定年にて退職するまで数学の教育・研究に努め,平成17年には本学名誉教授の称号を授与されています.
鎌田正良名誉教授は,位相幾何学の教育・研究に努め,特に多様体上での群作用研究に複素コボルディズム群の代数的な形式群の理論を本質的に用いる手法を完成させ、あるいは多重点多様体の特性数にリーマンロッホ型の議論を展開するなど,わが国のこの分野の発展に多大の貢献をされました.また,学外に於いて大学改革に寄与される一方,学内に於いても要職を歴任されて,数理学研究院長として本研究院を牽引されました.さらに学生の教育指導にも情熱を注がれ,退職後もESSプロジェクトの講師として次世代の科学を担うべき高校生の育成に尽力されました.

詳しくは
内閣府 令和2年秋の叙勲受章者名簿
shokun/hatsurei/r02aki/meibo_jokun.html
をご覧ください。