Top > Seminars & Events > Seminars > Polynomial Hamiltonians for Quantum Painlev&eac...

Seminars

Polynomial Hamiltonians for Quantum Painlevé Equations

Hold Date
2008-12-08 15:00〜2008-12-08 16:20
Place
Hakozaki campus, Science Building no.3, room 3109
Object person
 
Speaker
上野 祐一 (神戸大理)

概要:
量子Painlevé方程式のある正則性による特徴付けを行う.すなわ
ち,量子Painlevé方程式のハミルトニアン系がまた,多項式ハミルトニアン系
に変換されるような正準変換を導入し,逆に,この正則性により,ハミルトニ
アンがただ1つに特徴付けられることを示す.また,H.Nagoyaにより与えられ
たハミルトニアンとの関係も述べる.

 *2008年12月8日(金)15時00分~17時50分

(1) 15:00 - 16:20
講演者: 上野 祐一 氏(神戸大理)
タイトル: Polynomial Hamiltonians for Quantum Painlevé Equations

(2) 16:30-17:50
講演者:鈴木 貴雄 氏 (神戸大理)
タイトル: A型ドリンフェルト・ソコロフ階層に由来する結合型パンルヴェVI系