トップページ > 教員紹介 > 千葉 逸人

教員紹介

千葉 逸人 ( チバ ハヤト ) / 准教授

専門は力学系理論です。特に解の定性的な挙動を調べるための分岐理論やカオスに興味があり、その対象は低次元力学系から無限次元力学系にまで至ります。近年、物理・工学や生物において結合振動子系(大多数のモノたちが互いに相互作用することで多様な振舞いを見せる系)の研究が盛んになってきており、そこでも大自由度力学系(無限次元力学系)の理論は大活躍されると期待されます。しかし数学的にはまだまだ未開拓であり、極めて豊富な話題を提供してくれます。特に最近は、無限次元力学系において、連続スペクトルがダイナミクスに与える影響の関数解析的な手法による研究や、ネットワーク上の力学系においてグラフのトポロジーがダイナミクスに与える影響の研究に興味を持っています。このような数学として困難な力学系の研究は、物理や工学のほうが進んでいることも多く、応用も豊富です。このように他分野とも交流を持ち、応用まで見据えた基礎的な数学の研究を行っています。

研究キーワード 力学系理論、常微分方程式、非線形発展方程式
所属部局:部門 マス・フォア・インダストリ研究所 : 応用理論研究部門
リンク