トップページ > 教員紹介 > 綿谷 安男

教員紹介

綿谷 安男 ( ワタタニ ヤスオ ) / 教授

ヒルベルト空間上の個々の有界線型作用素の研究とそれらのつくる作用素環の両方に興味があります。ノルム位相に関して閉じているC*環は局所コンパクト空間の量子化とみなされます。私は有理関数の反復合成のつくる複素力学系から構成されたC*環や自己相似集合上の縮小写像系から構成されたC*環を研究しています。また、有限次元でのGelfand-Ponomarevの4つの部分空間の配置の研究に導かれ、無限次元のヒルベルト空間の部分空間の配置を作用素論と関連付けて研究しています。

研究キーワード 作用素環論、作用素論
所属部局:部門 数理学研究院 : 数理科学部門